CMS

2014.06.24

更新日
2014.06.24 WordPressを追加
更新日
2009.11.03 EC-CUBEを追加
更新日
2009.11.03 Zen Cartを追加
更新日
2009.09.17 osCommerceを追加

データベース

名前
WordPress
ジャンル
CMS
コメント

2014.06.24現在

『WordPress』はオープンソースのブログ及びCMSプラットフォームで、無料で使用できる。

URL

https://ja.wordpress.org

Tips

【インストール】WordPressのインストール手順

MySQL(データベース)を作成する

  1. サーバーの管理画面等からMySQLを作成する。
  2. MySQLにアクセスするユーザーを作成する。
  3. MySQLにアクセスするパスワードを作成する。

wp-config.phpの編集/(1)MySQLの設定情報

// ** MySQL 設定 - こちらの情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'database_name_here');//database_name_hereをMySQLのデータベース名に変更する

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'username_here');//username_hereをデータベースのユーザー名に変更する

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password_here');//password_hereを設定したパスワードに変更する

/** MySQL のホスト名 */

define('DB_HOST', 'localhost');//通常のレンタルサーバーでは変更する必要なし

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースのキャラクターセット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');//通常のレンタルサーバーでは変更する必要なし

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define('DB_COLLATE', '');//通常のレンタルサーバーでは変更する必要なし

wp-config.phpの編集/(2)認証用ユニークキーの設定

https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/
にブラウザでアクセスして生成された認証用ユニークキーを以下のコードと差し替える。

define('AUTH_KEY',         'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_KEY',    'put your unique phrase here');
define('NONCE_KEY',        'put your unique phrase here');
define('AUTH_SALT',        'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_SALT',   'put your unique phrase here');
define('NONCE_SALT',       'put your unique phrase here');

で認証用ユニークキーの設定が完了する。

wp-config.phpの編集/(3)ネットワーク化の設定

WordPressのネットワークの機能を利用して複数のブログやサイトを構築して管理したい場合は、
86行目あたりに、

/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */

というコメントがるので、
その上に

define('WP_ALLOW_MULTISITE', true);

のコードを挿入する。

define('WP_ALLOW_MULTISITE', true);
/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */

wp-config.phpの編集/(4)標準テーマの設定

標準テーマを変更する場合は以下のコードをwp-config.phpに追加する。

define('WP_DEFAULT_THEME', 'classic');

classicの部分をテーマのディレクトリ名に変更する。

wp-config.phpの編集/(5)保存形式はUTF-8、BOMはなし

wp-config.phpの編集が完了したら保存する。
保存形式はUTF-8、BOMはなし。これはwp-config.php以外のファイルを編集する際も同じ保存形式で保存する。

サーバーにWordPressをアップロードする

FTPを使用してサーバーにダウンロードしたWordPressのデータをすべてアップロードする。
ネットワークの機能を利用しない場合は、アップロードするディレクトリは自由(WordPressを専用ディレクトリに配置する)だが、ネットワークの機能を有効にする場合は、

「WordPressファイルを専用ディレクトリに配置する設定」をしている場合、ネットワーク機能が正常に動作しません。

WordPress Codex 日本語版のサイトに説明があるので、
ネットワークの機能を有効にしてマルチサイトを作成する場合はルートディレクトリ(サーバーの直下)にアップロードする。

WordPressのインストール

  1. WordPressをアップロードしたディレクトリ/wp-admin/install.php にブラウザでアクセスする。
  2. 必要情報(サイトのタイトルやユーザー名やパスワード、メールアドレス等)を設定してインストールする。
  3. インストールが成功したらログインする。

【設定】マルチサイトの作成

ネットワーク機能を有効にした場合は、マルチサイトの作成を行う事ができる。
マルチサイトの作成を行うにはネットワークの設定とサブディレクトリの設定を行う必要がある。

ネットワークの設定

ネットワークの設定は以下の手順で行う。

  1. 管理画面にアクセスすると「ツールボタン」に「ネットワークの設定」というサブパネルが表示されるようになっているので、クリックする。
  2. WordPress ネットワーク内のサイトで、サブドメインまたはサブディレクトリを「サブドメイン」か「サブディレクトリ」のどちらかをラジオボタンをチェックして選ぶ(あとで変更することはできない)。
  3. 「ネットワークのタイトル」と「管理者のメールアドレス」を入力(あとで変更することはできる)。
  4. 「インストール」ボタンをクリックする

「ネットワークを有効化中」画面で

1. /wp-content/blogs.dir となるよう blogs.dir ディレクトリを作成してください。このディレクトリは追加サイトにアップロードしたメディアファイルを保存するために使われるため、サーバーが書き込み可能である必要があります。

とあるので、blogs.dirを/wp-content/に作成する。

2. wp-config.php ファイルの、

/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */ という行より上に以下のコードを追加してください。

とあるのでwp-config.phpを指示通りにコードを追加してしてアップロードする。

3. .htaccess ファイルに次を追加し、ほかの WordPress のルールを置き換えてください

とあるので指示通りに.htaccessを作成してアップロードしたらログインし直してダッシュボードに「参加サイト」というメニューができていれば無事ネットワークの作成に成功した事になる。
ヘッダータブ「参加サイト」にマウスオーバーすると「サイトネットワーク管理者」が表示されるのでダッシュボードを選択する。
サイト→新規追加からサイトを追加すると管理者メールアドレスとして登録したメールアドレスに、「ユーザー名」と「パスワード」が送られる。

ワイルドカードサブドメインの設定とサブドメインのディレクトリー設定(ServerAlias)

サブディレクトリを「サブドメイン」にした場合「ネットワークを有効化中」画面で

注意 ! ワイルドカード DNS が正しく設定されていない可能性があります。
インストーラーはこのドメイン上のランダムなホスト名 (dac0fc.example.com) への接続を試みました。 その結果、このエラーメッセージが返されました: Couldn't resolve host 'dac0fc.example.com'
サブドメインの設定を行うには、DNS にワイルドカードを追加する必要があります。たいていの場合、お使いの Web サーバーに向けた * ホスト名レコードを DNS 設定ツールで追加することになります。
サイトを使い続けることはできますが、作成されたサブドメインはアクセスできないようです。もし DNS が正しく設定されているなら、このメッセージは無視してください。

のようなメッセージが出る場合はサーバーの管理画面でワイルドカードサブドメインの設定とサブドメインのディレクトリー設定をする必要がある。
まずDNS 設定ツールでワイルドカードを以下のように追加する。
A * 192.0.43.10
192.0.43.10は自分のサーバーのIPアドレスを入れる。
また、サブドメインのディレクトリー設定を行いsub.example.comをexample.comのディレクトリーで表示させるようにする。

ワイルドカードサブドメインの設定とサブドメインのディレクトリー設定ができないサーバーの場合は残念ながらサブドメインでのネットワーク機能は使用する事ができない。

WordPressの初期設定

ユーザー名とニックネーム(ブログ上の表示名)は同じにしない

デフォルトではユーザー名とニックネーム(ブログ上の表示名)が同じだが、セキュリティ的によくないので変更する。

  1. [ユーザーボタン]をクリックして[ユーザーサブパネル]を表示。
  2. [ユーザーサブパネル]の中の[あなたのプロフィール]をクリック。
  3. プロフィール編集画面の[ニックネーム]を設定する。
  4. [ニックネーム]を設定したら、[ブログ上の表示名]からユーザー名とニックネームのどちらかをプルダウンから選択する事ができるようになるので、ニックネームの方を選択する。
  5. [プロフィール更新]ボタンをクリックする。

プラグイン「WP Multibyte Patch」の有効化

日本語などの2バイト文字を扱うのに必須なプラグイン、最初から同梱されているので有効化すればいい。

  1. [プラグイン] > [インストール済プラグイン]でインストール済みのプラグインの一覧を表示。
  2. 「WP Multibyte Patch」プラグインの有効化をクリック。

WordPressの設定

サイトアドレス (URL)を変更する場合

  1. ダッシュボードから[設定]の[一般設定]を選択
  2. サイトのアドレス (URL)を変更する
  3. サイトのアドレス (URL)で設定したURLにコアファイルのindex.phpを移動(コピー)する。
  4. 移動(コピー)した index.php ファイルを編集する

WordPress アドレス (URL)の設定が http://example.com/cms/wp/ の場合は、移動(コピー)した index.php ファイルの編集は以下の通りになる。

修正前:

require('./wp-blog-header.php');

修正後:

require('./cms/wp/wp-blog-header.php');

WordPress のアドレス (URL)を変更する場合

  1. ダッシュボードから[設定]の[一般設定]を選択
  2. WordPress のアドレス (URL)を変更する
  3. サイトのアドレス (URL)で設定したURLにコアファイルのindex.phpを移動(コピー)する。
  4. 移動(コピー)した index.php ファイルを編集する

WordPress アドレス (URL)の設定を http://example.com/cms/wp/ から http://example.com/cms/new_wp/ に変更した場合は、移動(コピー)した index.php ファイルの編集は以下の通りになる。

移動(コピー)した index.php ファイルの編集は以下の通り

修正前:

require('./cms/wp/wp-blog-header.php');

修正後:

require('./cms/wp/wp-blog-header.php');

ファイルアップロードをデフォルトの設定から変更する場合

ファイルアップロードの場所はデフォルトで、

wp-content/uploads

になっているが、変更したい場合は以下の手順で変更する。
[設定]>[メディア設定]でメディア設定画面に移動する。
例えばサイトの直下のuploadsディレクトリにアップロードファイルを保存する場合は、
[ファイルアップロード]の[アップロードするファイルの保存場所]を

../../uploads

を入力して、[ファイルへの完全な URL パス]を

http://example.com/uploads

に入力して、変更を保存ボタンをクリックする。

カスタムフィールドの表示項目数を追加する

デフォルトではカスタムフィールドは30項目までしか表示されない(3.2.1現在)ので、カスタムフィールドの表示項目数を追加するには、functions.phpに追加しなければならない。
例えば表示項目数を100にする場合はfunctions.phpに以下の記述を追加する。

add_filter('postmeta_form_limit','customfiledLimitSet');
function customfiledLimitSet($limit){
	return 100;
}

子テーマの作成

(1)子テーマのディレクトリとstyle.cssを作成する

  1. WordPressをアップロードしたディレクトリ/wp-content/themes/に子テーマの任意のディレクトリを作成。
  2. 子テーマのディレクトリにstyle.cssを作成する。

(2)style.cssの編集

子テーマのディレクトリに作成したstyle.cssの先頭に以下の記述をする。

/*
Theme Name: 子テーマ名(必須)
Theme URI: 子テーマのウェブページのURL(任意)http://example.com/
Description: 子テーマの説明 (任意)
Author: 子テーマの作者 (任意)
Author URI: 子テーマの作者ウェブページのURL(任意)
Template: 親テーマのディレクトリ名。また、大文字小文字を区別する(必須)
Version: 子テーマのバージョン (任意) 0.1.0
-------------------------------------------------------------- */

(3)子テーマ用のスクリーンショット用の画像を設置する(任意)

  1. 子テーマ用のスクリーンショット用の画像を横幅300ピクセル、縦幅225ピクセルで作成する
  2. 画像形式をPNGで書き出す
  3. ファイル名はscreenshot.pngで保存する
  4. 子テーマ用のディレクトリにアップロードする(ダッシュボードのテーマの画面に表示される)

(4)functions.php

子テーマのfunctions.phpの先頭に

を必ず入れる事。最後に

?>

は必要ない。

(5)子テーマの有効化

[外観]>[テーマ]でテーマの管理に移動して、[利用可能なテーマ]から子テーマを有効化する。

PHPファイルの編集

管理画面からでなく、テキストエディタでPHPファイルを編集するときは、BOM(バイトオーダーマーク:byte order mark)なしのUTF-8で保存する。
エディタによってはUTF-8Nで保存する。

テンプレートで削除してはいけないコード

プラグインが動作しない原因となるので、
header.phpの

のコードとfooter.phpの

のコードは削除してはいけない。

functions.phpの編集

functions.phpに追加して様々な機能を有効にしたり逆に無効にしたりする事ができる。

内のRSSリンクを出力させない

head内のRSSリンクを出力させたくない場合は
functions.phpに

remove_action( 'wp_head','feed_links',2);
remove_action( 'wp_head','feed_links_extra', 3);

を追加する。

内のEditURIを出力させない

head内のEditURIを出力させたくない場合は
functions.phpに

remove_action( 'wp_head','rsd_link');

を追加する。

内のgeneratorを出力させない

head内のgeneratorを出力させたくない場合は
functions.phpに

remove_action( 'wp_head','wp_generator');

アイキャッチ画像を有効にする

add_theme_support('post-thumbnails');
set_post_thumbnail_size( $width, $height, $crop_flag );

$width(幅)と$height(高さ)は任意の数字。$crop_flagはtrueかfalse(もしくは省略)を設定する。
trueならクロップモード「Set the default Post Thumnail size by cropping the image (either from the sides, or from the top and bottom)」
falseならリサイズモード「Set the default Post Thumnail size by resizing the image proportionally (that is, without distorting it)」
表示させるには以下のコードをテンプレートに記述する。

<?php the_post_thumbnail(); ?>

最新英語版:http://codex.wordpress.org/Function_Reference/add_theme_support
日本語版:http://wpdocs.sourceforge.jp/関数リファレンス/add_theme_support

サムネイルの画像サイズの追加

[設定]>[メディア]>で投稿される画像のサムネイルのサイズを設定する事ができるが、複数のサムネイルが必要な場合は、functions.phpに以下のコードを追加する。

add_image_size( $name, $width, $height, $crop );

$nameは任意の英数字を''で囲む。$width(幅)と$height(高さ)は任意の数字。$cropはtrue(クロップモード)かfalse(リサイズモード)を設定する。$cropを省略した場合はfalse(リサイズモード)になる。例えば幅と高さが50ピクセルと100ピクセルと200ピクセルの3種類のサムネイルをクロップモードで作成する場合は、functions.phpに以下のコードを追加する。

add_image_size( 'thumbS50', 50, 50, true );

add_image_size( 'thumbM100', 100, 100, true );
add_image_size( 'thumbL200', 200, 200, true );

thumbS50をトップページに表示させるには以下のコードをトップページの表示させたい場所に記述する。

<?php the_post_thumbnail('thumbM100'); ?>

最新英語版:http://codex.wordpress.org/Function_Reference/add_image_size
日本語版:http://wpdocs.sourceforge.jp/投稿サムネイル

固定ページをトップページに設定する場合

  1. トップページの固定ページを作成する
  2. 管理画面の設定の表示設定から「フロントページの設定」から「固定ページ」のラジオボタンにチェックを入れて、フロントページのプルダウンから先ほど作成したトップページの固定ページを選択して変更を保存する
  3. トップページ用のテンプレートとしてfront-page.phpを作成する
  4. 固定ページ用のテンプレートとしてpage.phpを作成する

カテゴリー関連

カテゴリーの説明からPタグを削除

カテゴリーの説明を表示させるには、

<?php echo category_description(); ?>

で表示させる事ができるが、<P>タグが付加されてしまう。
<P>タグを削除するには、
functions.phpに

remove_filter('term_description','wpautop');

を追加する。

カスタムフィールド関連

カスタムフィールドで改行させる(brタグのみ)

<?php echo nl2br(get_post_meta($post->ID,"hoge",true)); ?>

カスタムフィールドで改行させる(pタグとbrタグ)

<?php echo wpautop(get_post_meta($post->ID,"hoge",true)); ?>

カスタムメニューの作成

通常のメニューはすべて表示されてしまうが、カスタムメニューにすれば表示させるメニューをコントロールできる。
例えばグローバルメニューとユーティリティメニューの2つのカスタムメニューを作成する場合は下記の通り行う。

テーマの場所の追加

functon.phpに以下のコードを追加

register_nav_menus(
	array(
		/*'任意の英数字' => '任意の名前',*/
		'locationGlobal' => 'グローバルメニュー',
		'locationUtility' => 'ユーティリティメニュー',
	)
);

すると管理画面の[外観]の[メニュー]の[テーマの場所]に「グローバル」と「ユーティリティ」が追加される。

http://codex.wordpress.org/Function_Reference/register_nav_menus(最新英語版)
http://wpdocs.sourceforge.jp/関数リファレンス/register_nav_menus(日本語版)

グローバルメニューとユーティリティメニューの追加

  1. [外観]の[メニュー]の[メニューの名前]でメニューの名前(任意の名前で構わない)を入力して、「メニューを作成」ボタンをクリックしてメニューを作成する。
  2. [固定ページ]の[すべてを表示]をクリックして固定ページをすべて表示させてグローバルメニューに表示させたい固定ページのチェックボックスにチェックを入れて「メニューに追加」ボタンをクリックする。
  3. 同じく[カテゴリー]も[すべてを表示]をクリックしカテゴリーをすべて表示させてグローバルメニューに表示させたいカテゴリーのチェックボックスにチェックを入れて「メニューに追加」ボタンをクリックする。
  4. 追加されたメニューの順番をドラッグで並び替えて「メニューを保存」ボタンをクリックする。
  5. [テーマの場所]の「グローバルメニュー」のプルダウンメニューから先ほど作成したグローバルメニューを選択して保存する。
  6. 「ユーティリティメニュー」も「グローバルメニュー」と同じ作業を繰り返す。

テンプレートにタグを追加

グローバルメニューを表示させたい場所に以下のタグを追加する

wp_nav_menu(array(
	/*'container' => '囲む任意のタグ'*/
	'container' => 'nav',

	/*'container_id' => '囲んだタグに適用する任意のid'*/
	'container_id' => 'navGlobal',

	/*'theme_location' => 'functon.phpに追加した任意の英数字'*/
	'theme_location' => 'locationGlobal',
));

ユーティリティメニューを表示させたい場所に以下のタグを追加する

wp_nav_menu(array(

	/*'container' => '囲む任意のタグ'*/
	'container' => 'nav',

	/*'container_id' => '囲んだタグに適用する任意のid'*/
	'container_id' => 'navUtility',

	/*'theme_location' => 'functon.phpに追加した任意の英数字'*/
	'theme_location' => 'locationUtility',
));

これで任意の場所に「グローバルメニュー」とユーティリティメニューが表示されるようになる。
上記のパラメータ以外にも設定できるパラメータは下記に載っている。

http://codex.wordpress.org/Function_Reference/wp_nav_menu(最新英語版)
http://wpdocs.sourceforge.jp/テンプレートタグ/wp_nav_menu(日本語版)

サイドバーの追加

functions.phpに以下のようなコードを追加する。

/* カスタムサイドバー */
register_sidebar(
	array(
		'name' => 'Right SideBar',
		'id' => 'RightSideBar',
		'description' => 'Widgets in this area will be shown on the right-hand side.',
		'before_title' => '<h2>',
		'after_title' => '</h2>'
	)
);

[外観]>[ウィジェット]にRightSideBarが追加されるので、表示させたいウィジェットをドラッグして保存する。

「Right SideBar」を表示させたい場合は、テンプレート(sidebar.php等)に以下のコードを記述する。

<?php dynamic_sidebar( 'Right SideBar' ); ?>

ウィジェット関連

子カテゴリの表示

  1. [外観]>[ウィジェット]をクリックしてウィジェット画面に移動する。
  2. 配置している[カテゴリ]の▼マークをクリックして背低画面を表示させる。
  3. [階層を表示]のチェックボックスにチェックを入れて[保存]ボタンをクリックする。

メタ情報の表示

ウィジェットにデフォルトで表示される「サイト管理」「ログアウト」「投稿の RSS」「コメントの RSS」「WordPress.org」を非表示にするには以下の手順で

  1. [外観]>[ウィジェット]をクリックしてウィジェット画面に移動する。
  2. 配置している[メインサイドバー]から[メタ情報]をドラッグ&ドロップして外す。
  3. [階層を表示]のチェックボックスにチェックを入れて[保存]ボタンをクリックする。

単一記事のナビゲーション

単一記事ページの古い記事や新しい記事へのナビゲーションは下記のようなコードを使用する。

<nav class="pagenation">
	<ul>
		<li class="prev"><?php previous_post_link('%link', '<< %title', true); ?></li> 
		<li class="next"><?php next_post_link('%link', '%title >>', true); ?></li>
	</ul>
</nav>

記事のタイトルを表示させない場合は、下記のように%title部分を変更する。

<nav class="pagenation">
	<ul>
		<li class="prev"><?php previous_post_link('%link', '<< 次へ', true); ?></li> 
		<li class="next"><?php next_post_link('%link', '前へ >>', true); ?></li> 
	</ul>
</nav>

フィルターフック関連

特定のテンプレートで

タグを削除する

WordPressの投稿記事には<p>タグで囲まれる事になっているが、付けたくない箇所もある場合は以下のようにする。

修正前:

<?php the_content(); ?>

修正後:

<?php remove_filter ('the_content', 'wpautop'); ?>
<?php the_content(); ?>

テンプレートタグ

bloginfo

ブログの情報を出力してくれるタグ。

<meta charset="<?php bloginfo( 'charset' ); ?>">
<title><?php bloginfo( 'name' ); ?></title>
<meta name="description" content="<?php bloginfo( 'description' ); ?>">

get_bloginfo

ブログの情報を取得してくれるタグ。

<?php $blogname = get_bloginfo( 'name' ); ?>

記事タイトル

記事タイトルの表示文字数制限

トップページで記事の一覧を表示させたい時などに、記事タイトルの表示文字数を制限して、末尾に「・・・」を表示させる方法。

コード例(記事タイトルを20文字表示させて20文字以上は末尾に「・・・」を追加する)
<?php
if(mb_strlen($post->post_title)>20) {
	$title= mb_substr($post->post_title,0,20) ; echo $title. ・・・ ;
} else {
	echo $post->post_title;}
?>

プラグイン

プラグインの配布サイト

WordPress.org - Plugin Directory

WordPressの公式サイトに登録されているプラグインを入手する事ができる。
ダウンロードするプラグインの詳細ページにWordPress の必須バージョンと対応する最新バージョンが載っているので必ずチェックしてから導入する事。
英語の以下の部分が

Requires: 3.0 or higher
Compatible up to: 3.3.1

以下のように該当する。

Requires: 3.0 or higher(WordPress の必須バージョン: 3.0以上)
Compatible up to: 3.3.1(対応する最新バージョン: 3.3.1)


WordPress Plugins/JSeries
主に海外では作られない日本特有の文化 (Webサービスや携帯電話等) にのったものや、マルチバイト圏に対応したプラグインの作成・配布を行っているプロジェクトサイト。海外のプラグイン用の言語ファイルやそのパッチの配布も行っている。

プラグインのインストール

プラグインをインストールするには下記の方法がある。

  • ダウンロードして解凍して展開したプラグインを「/wp-content/plugins/」にFTPでアップロードして有効化(【プラグイン】インストール済みプラグイン)する
  • 管理画面(【プラグイン】新規追加/アップロード)からzip形式のプラグインファイルをアップロードして有効化する
  • 管理画面(【プラグイン】新規追加/検索)からプラグインを検索してインストールして有効化する

WP Multibyte Patch

日本語などの2バイト文字を扱うのに必須なプラグイン、最初から同梱されているので有効化すればいい。
有効化したら各種設定が日本語のワード数で表示される。

また、functions.phpに以下のようなコードを追加して抜粋等の文字数も変更する事ができる。

function new_excerpt_length($length) {	
     return 20;	
}	
add_filter('excerpt_length', 'new_excerpt_length');
参考文献

Akismet

Akismetを有効化したらAkismetの設定画面から「キーを取得する」をクリックして『Akismet for WordPress』のサイトにアクセスする。
「Get an Akismet API key」ボタンをクリックする。個人利用の場合は無料から利用できるので「Personal」の「SIGN UP」をクリックする。
デフォルトだと年間36ドル支払うようになっているので、「WHAT IS AKISMET WORTH TO YOU?」の下のスライダーを調整(年間0ドル〜120ドル)して支払う額を決定する(Yearly contribution)。

「First name」に名前を
「Last name」に姓(名字)を
「Email」にメールアドレスを
「Confirm email」に「Email」に入力したメールアドレスを

入力して「Send me useful tips on how to decrease spam every month or so (you can unsubscribe at any time).」のチェックボッスにチェックを入れて「CONTINUE」をクリックする。
「Done!」と表示されたら「Email」に入力したメールアドレスにAPIキーが送られてくるので、Akismetの設定画面の「API キーを入力してださい。」にAPIキーを入力する。

「一ヶ月以上前の投稿につけられたスパムを自動削除する」と「コメントの投稿者の脇に承認したコメントの数を表示する。」のチェックボッスにチェックを入れて「設定を更新」ボタンをクリックする。

カスタムフィールド系プラグイン

Custom Field Template

カスタムフィールドを投稿画面に表示させる事ができるプラグイン。カスタムフィールドはtextfield、checkbox、radio、select、textareaが指定できる。
プラグインのサイト

カテゴリ系プラグイン

Category Order

カテゴリーの並びを任意の順番にする事ができるプラグイン。

  1. プラグインを有効化したら[投稿]>[Category Order]に進む。
  2. カテゴリーが並んでいるの任意の順番に並び替えて[Order Categories]をクリックする

WP No Category Base

パンくず系プラグイン

Breadcrumb NavXT

ページナビゲーション系プラグイン

WP-PageNavi

フォーム系プラグイン

Contact Form 7

カスタム投稿タイプ系プラグイン

Custom Post Type UI

基本設定
  1. [Custom Post Type]>[Add New]をクリック。
  2. [投稿タイプ名]を半角英数で入力する。
  3. [ラベル]を入力する。
  4. [Advanced Options]をクリックしてオプションを表示する。
  5. [Has Archive]を[true]に設定する。
  6. カスタム投稿タイプで記事を投稿しても「ページが見つかりませんでした」と表示される場合は、パーマリンク設定の[変更を保存]ボタンをクリックする(設定自体は変更しない)

プラグインのサイト

Custom Post Type's Archive in WP Nav Menu

カスタム投稿タイプカスタムメニューに表示させる事ができるプラグイン。

プラグインのサイト

バックグラウンド系プラグイン

Search Everything

カスタムフィールドを検索対象にしたい場合に使用するプラグイン。
『Search Everything』をインストールして有効化したら、設定タブから[Search Everything]をクリック。
[すべてのカスタムフィールドを検索]のプルダウンを[Yes]にして設定を更新する。
他にも[すべてのコメントを検索]、[すべての抜粋を検索]、[すべてのメディア (アップロードファイル) を検索]、[検索キーワードをハイライト]、[指定した ID の投稿やページを検索対象に含めない]など多彩な設定ができる。

プラグインのサイト

WP Super Cache

プラグインを有効化したら設定画面から「キャッシング」の「キャッシング利用 (推奨)」のラジオボックスにチェックしてステータスを更新をクリックする。

Debug Bar

デバッグするためのプラグイン。

Debug Bar Extender

デバッグするためのプラグイン。

Maintenance Mode

閲覧者へのサイトの表示をメンテナンスモードにする事ができる。

Ktai Style

『Ktai Style』はガラケー向けに最適化してくれるプラグイン。

WPtouch

『WPtouch』はスマートフォン向けのサイトに最適化してくれるプラグイン。

Multi Device Switcher

『Multi Device Switcher』はデバイス毎にテーマを切り替えるプラグイン。
デバイス(スマートフォン、タブレット端末、携帯モバイル、ゲーム)によって自動的に「スマートフォン用テーマ」「タブレット端末用テーマ」「携帯モバイル端末用テーマ」「ゲームプラットフォーム用テーマ」に切り替わる。

  1. プラグインを有効化したら、各デバイス用のテーマをテーマのフォルダにアップロードする。
  2. [外観]>[マルチデバイス]で設定画面に進む。
  3. [テーマ]タブで各デバイスのテーマを選択して[変更を保存]ボタンをクリックして設定を保存する。

プラグインのサイト

WPtap Mobile Detector

iPhoneやiPad、Android等のスマートフォンからアクセスがあった時にテンプレートを切り替える事ができるプラグイン。
PC用とスマートフォン用にテンプレートを別に制作している場合はfunction.phpでテンプレートを切り替えなければならないのだが、このプラグインをインストールするとWordPressの管理画面でテンプレートを切り替えを設定する事ができる。

『WPtap Mobile Detector 1.1』では、以下のスマートフォン用にテンプレートを切り替える事ができる。

  • iPhone/iPod
  • Android
  • BlackBerry Storm
  • Nokia
  • Apple iPad
  • Opera
  • Palm
  • Windows Smartphone
  • Blackberry

プラグインのサイト

Admin SSL

管理画面やフォーム等をSSL対応にしてくれるプラグイン。

WP Total Hacks

WprdPressの管理画面の表示や設定をカスタマイズする事ができるプラグイン。

Front-end Editor

投稿画面で編集しなくても記事や固定ページを編集できるプラグイン。

パーマリンク系プラグイン

Top Level Categories

[設定]>[パーマリンクの設定]でパーマリンクの構造を

/%category%/%year%/%monthnum%/%day%/%postname%/

にした場合、例えばnewsのカテゴリーは、URLが
http://example.com/category/news/
になる。
そのURLからcategoryを除去して、
http://example.com/news/
にしてくれるプラグイン。だが、パーマリンクの設定によっては2ページ目以降がnot foundにバグがある。

Top Level Categories Fix

上記の『Top Level Categories』プラグインのバグを解消してくれるプラグイン。

WP No Category Base

『Top Level Categories』と機能は同じ、ただしこちらはバグがないらしいので、乗り換えてみた。
プラグインのサイト

順番系プラグイン

Intuitive Custom Post Order

管理画面の投稿記事一覧画面でドラッグアンドドロップでの並び替えが可能になるプラグイン。

プラグインのサイト

サムネイル系プラグイ

Regenerate Thumbnails

サムネイルを再作成できるプラグイン。

  1. [ツール]>[Regen. Thumbnails]をクリックして管理画面に移動する。
  2. [Regenerate All Thumbnails]ボタンをクリックするとサムネイルを再作成するので、完了するまで待つ。

プラグインのサイト

ウィジェット系プラグイン

Category Posts Widget

デフォルトのウィジェット「最近の投稿」は全てのカテゴリーの投稿を表示してしまうが、『Category Posts Widget』をインストールすると特定のカテゴリーのみを表示させる事が出きる。
インストールして有効化したら、以下の手順で設定する。

  1. [外観]>[ウィジェット]をクリックしてウィジェット画面に移動する。
  2. [Category Posts]というウィジェットができているので、「最近の投稿」を表示させたいウィジェットエリアにドラッグする。
  3. [カテゴリー:]で表示させたい特定のカテゴリーを選択する。
  4. [Number of posts to show:]に「最近の投稿」に表示させたい記事の件数を入力する。
  5. ウィジェットタイトルにリンクを有効にしたい場合は[タイトル:]を入力して[Make widget title link]のチェックボックスにチェックを入れる。
  6. 設定が完了したら[保存]ボタンをクリックする。

投稿系プラグイン

Exec-PHP

投稿画面のHTMLにPHPのコードを記述しても実行されないが、『Exec-PHP』をインストールすると実行できる。
インストールして有効化したら、

Exec-PHP WYSIWYG Conversion Warning. Saving this article will render all contained PHP code permanently unuseful. Even if you are saving this article through the Code editor. You can turn off this warning in your user profile. Ignore this warning in case this article does not contain PHP code. Read the Exec-PHP documentation if you are unsure what to do next.

という警告メッセージが表示されるが、
[ユーザー]>[ユーザー一覧]で、
ユーザーをクリッして[プロフィール]画面に移動して[Exec-PHP Settings]の[Disable WYSIWYG Conversion Warning]の

Select this option to turn off the WYSIWYG Conversion Warning in the Write menu. Nevertheless the recommended way is to switch off the WYSIWYG editor so you can be sure not to break existing PHP code by accident.

のチェックボックスにチェックを入れて[プロフィールを更新]ボタンをクリックして更新すると、警告メッセージが表示されなくなる。

脆弱対策系プラグイン

TimThumb Vulnerability Scanner

timthumb.phpの脆弱対策できるプラグイン。

『timthumb.php』を使用しているテーマやプラグインがあるのだが、脆弱性が報告されている。
そのため古いテーマやプラグインを使用していると第三者から攻撃される危険性がある。
『TimThumb Vulnerability Scanner』を使用してスキャンする事で脆弱性の古い『timthumb.php』を発見してアップグレードする事ができる。

  1. [ツール]>[Timthumb Scanner]をクリックして管理画面に移動する。
  2. [Scan!]ボタンをクリックしてスキャンする。
  3. [Scan Results]で「Vulnerable」と表示されているファイルが見つかったらチェックして[Upgrade Selected Files]ボタンをクリックしてアップグレードする。

プラグインのサイト

ランキング系プラグイン

エディター系プラグイン

TinyMCE Advanced

WordPressの投稿画面のビジュアルエディターの機能を強化するプラグイン。

プラグインのサイト

AddQuicktag

投稿画面にある開始タグと終了タグを生成する事ができるクイックタグを追加する事ができるプラグイン。

ソーシャル系プラグイン

Sociable

『Facebook』「いいね!」や『Twitter』や『Google+』などのソーシャルメディアの共有ボタンを表示させる事ができる。

『Sociable』をインストールして有効にしたら、左メニューに「Select Sociable Plugin」が表示されるので、マウスオーバーして「Sociable Options」をクリック。
「Icons to Include」で表示させたい共有ボタンにチェックを入れる。
「Locations」で共有ボタンを表示させたいページ(固定ページや単一記事等)にチェックを入れる。
最後に「Save Changes」ボタンをクリックして設定を保存する。

プラグインのサイト

WP Social Bookmarking Light

『WP Social Bookmarking Light』は「いいね!(Facebook)」や『Twitter』や『Google+』『はてな』『Evernote』『mixi』『GREEE』などのソーシャルブックマークボタンを表示させる事ができる。

基本設定

  1. プラグインを有効化したら設定画面に進む。
  2. [一般設定]タブの[サービス]に表示させたいサービスを左側にドラッグする。
  3. [位置]で表示場所を選択。個別記事のみ表示させる場合は[Yes]、ページにも表示させる場合は[Yes]を選択する。
  4. 各サービスはデフォルトだと英語になっているので、日本語に変更する。
自由な位置に表示させる
  1. [一般設定]タブの[位置]で[None]を選択。
  2. 表示させたいテンプレートに下記のコードを挿入する。
<?php
$options = wp_social_bookmarking_light_options(); 
echo wp_social_bookmarking_light_output( $options['services'], get_permalink(), get_the_title() );
?>

WP to Twitter

『WP to Twitter』は『Twitter』と『WordPress』を連携させる事ができる。『WordPress』で投稿すると同時に『Twitter』で同じ内容でつぶやく事ができる。

基本設定

  1. プラグインを有効化したら設定画面に進む。
  2. [Twitterと連携]タブの[Twitter アプリケーション登録ページ]のリンクをクリックしたら、デベロッパーのページ進むのでツイートするアカウントでログインする
  3. [Name]にはアプリケーション名
  4. [Description]にはアプリケーションの説明文
  5. [Website]と[Callback URL]にはサイトのURLを入力する
  6. [Settings]タブをクリックして[Application Type]を[Read and Write]に変更する。
  7. [Details]タブをクリックして[Your access token]の[Create my access token]ボタンをクリックしてaccess tokenを取得します。
  8. WordPressの管理画面に戻って『WP to Twitter』の設定画面を開きます。
  9. [Twitterと連携]タブの[3. Copy and paste your consumer key and consumer secret into the fields below]の[Consumer Key]と[Consumer Secret]に先程作成したアプリケーションの[Consumer Key]と[Consumer Secret]を入力します。
  10. 同様に[Twitterと連携]タブの[4. Copy and paste your Access Token and Access Token Secret into the fields below]の[Access Token]と[Access Token Secret]に先程作成したアプリケーションの[Access Token]と[Access Token Secret]を入力します。
  11. 同様に[Twitterと連携]タブの[4. Copy and paste your Access Token and Access Token Secret into the fields below]の[Access Token]と[Access Token Secret]に先程作成したアプリケーションの[Access Token]と[Access Token Secret]を入力します。
  12. [Twitterと連携]ボタンをクリックしてTwitterと連携します。

Wordbooker

『Wordbooker』は『Twitter』と『Facebook』を連携させる事ができる。

基本設定

  1. 連携させる『Facebook』のアカウントで『Facebook』にログインしておく
  2. 『Wordbooker』のプラグインを有効化したら設定画面に進む
  3. [Wordbookerを認可してください]をクリック
  4. 『Facebook』に移動するので[OK]をクリックしていくと『Wordbooker』の設定画面に戻るので[ページを更新]をクリック
  5. [Name]にはアプリケーション名
  6. [Description]にはアプリケーションの説明文
  7. [Website]と[Callback URL]にはサイトのURLを入力する
  8. [Settings]タブをクリックして[Application Type]を[Read and Write]に変更する。
  9. [Details]タブをクリックして[Your access token]の[Create my access token]ボタンをクリックしてaccess tokenを取得します。
  10. WordPressの管理画面に戻って『WP to Twitter』の設定画面を開きます。
  11. [Twitterと連携]タブの[3. Copy and paste your consumer key and consumer secret into the fields below]の[Consumer Key]と[Consumer Secret]に先程作成したアプリケーションの[Consumer Key]と[Consumer Secret]を入力します。
  12. 同様に[Twitterと連携]タブの[4. Copy and paste your Access Token and Access Token Secret into the fields below]の[Access Token]と[Access Token Secret]に先程作成したアプリケーションの[Access Token]と[Access Token Secret]を入力します。
  13. 同様に[Twitterと連携]タブの[4. Copy and paste your Access Token and Access Token Secret into the fields below]の[Access Token]と[Access Token Secret]に先程作成したアプリケーションの[Access Token]と[Access Token Secret]を入力します。
  14. [Twitterと連携]ボタンをクリックしてTwitterと連携します。

バックアップ系プラグイン

バックアップ系プラグインには、データベースのみバックアップするタイプとデータベース以外のテンプレートファイルやアップロードファイル等もバックアップするタイプがある

BackWPup

データベース(MySQL)だけでなくテンプレートファイルやサイト全体のバックアップにも対応している。
自分は無料版を使用しているが有料版(BackWPup PRo)もある。

プラグインのサイト

WP-DB-Backup

とてもシンプルなバックアッププラグインでデータベース(MySQL)のみをバックアップする。

設定方法

『WP-DB-Backup』をインストールして有効にしたら、左メニューの『ツール』にマウスオーバーして「バックアップ」をクリック。
バックアップの設定をする。

  1. [テーブル]でバックアップするデータベースのテーブルを設定。
  2. [バックアップ設定]でバックアップ方法を選択(サーバーに保存、あなたのコンピュータにダウンロード、バックアップをメールで送信
  3. [定期バックアップ]でバックアップのスケジュールと定期バックアップに含めるテーブルを設定できる。

プラグインのサイト

Search Replace DB

データベースのドメインを書き換えてくれるプラグイン。

WordPressで構築しているサイトのドメイン変更や、テスト環境の構築の際に、旧ドメインから新ドメインにデータベースを書き換えなければならないのだが、データベースにはシリアライズされたデータが入っているので、こちらのプラグインを使用している。

  1. 旧ドメインのデータベースをエクスポートして、新ドメインのデータベースにインポートする
  2. FTPで旧ドメインからデータをまるごとダウンロードする
  3. ダウンロードしたファイルの中のwp-config.phpを開いて引っ越し先のデータベース情報に書き換えてから、すべてのファイルを新ドメインにアップロードする
  4. Search Replace DB(searchreplacedb2.php)をwp-config.phpを置いてあるディレクトリにアップロードする
  5. searchreplacedb2.phpにアクセスする
  6. [Submit]ボタンをクリックして、表示されたデータベース情報が移行先のデータベースである事を確認したら[Submit DB details]ボタンをクリックする
  7. テーブルが全部選択されている事を確認して[Continue]ボタンをクリック
  8. What to replace?画面で[Search for (case sensitive string):]に旧ドメイン名を入力して[Replace with:]に新ドメイン名を入力して[Submit Search string]ボタンをクリックする
  9. 書き換えに成功すると「Completed」のメッセージが表示される
  10. 最後にsearchreplacedb2.phpをサーバーから削除する

プラグインのサイト

メールマガジン系プラグイン

Subscribe2

メールマガジン配信のシステムを構築してくれるプラグイン。

「下書きの記事が公開されたときに、投稿者にメールで通知してくれるようにする」等の配信を構築する事ができる。

プラグインのサイト

ユーザーにメール配信する方法
  1. プラグインを有効化する。
  2. メール配信用の新規ユーザーを管理者で追加。
  3. [Settings]>[Template]でメールのテンプレートを設定する。
  4. [Settings]>[Email Settings]>[Send Email From]で配信用に使用するユーザーを選択する。

ショッピングサイト系プラグイン

Welcart

WordPressでショッピングサイトを構築してくれるプラグイン。日本で開発されているプラグイン。
プラグインのサイト

サイトマップ系プラグイン

phpMyAdmminでWordPressのMySQLをバックアップをする場合はエクスポート画面で上記画面と同じ設定をする。
名前
EC-CUBE
コメント

2009.11.03現在

『EC-CUBE』はオープンソースのECサイト構築システム(CMS)。

『EC-CUBE』は日本製なので公式サイトも日本語。マニュアルも日本語なので英語が苦手な人は、Eコマースサイトを構築するのに、他のCMSより取っ付きやすいかもしれない。

URL

https://www.ec-cube.net

名前
Zen Cart
コメント

2009.11.03現在

『Zen Cart』はオープンソースのECサイト構築システム(CMS)。

『Zen Cart』は『osCommerce』から派生した海外のCMSだが、日本語化されており、日本語公式サイトもある。

URL

http://zen-cart.jp

名前
osCommerce
ジャンル
CMS
コメント

2009.09.17現在

『osCommerce』はオープンソースのECサイト構築システム。

『osCommerce』は古くからあるECサイト向けのCMS。『osCommerce』から派生したCMSに『Zen Cart』がある。

1 2 3 4 .. 1023

ELPA CMS-7001 ワイヤレスカメラモニターセット

ELPA CMS-7001 ワイヤレスカメラモニターセット
52,970 円
CMS-7001 ELPA CMS-70 CMS7001 CMS70 ワイヤレスカメラモニターセット

エルパ 防犯カメラ用 ACアダプタ CMS-AD04/CMS-V4001、7001、7110、VC40、C70、C71専用

エルパ 防犯カメラ用 ACアダプタ CMS-AD04/CMS-V4001、7001、7110、VC40、C70、C71専用
2,090 円
◇防犯カメラ用の交換アダプターです◇対応機種:CMS-C71(CMS-7110)、CMS-C70(CMS-7001)、CMS-V4001(CMS-VC40、VM40)◇コード長:1.8m※上記対応機種の専用アダプタです。他の機器に接続しますと、接続機器が破損する恐れがございます。使用機種を十分ご確認の上、ご注文..

エルパ 防犯カメラ用 隙間ケーブル CMS-SCH0.5 / CMS-7001、7110、C70、C71専用

エルパ 防犯カメラ用 隙間ケーブル CMS-SCH0.5 / CMS-7001、7110、C70、C71専用
1,024 円
◇窓やドアの隙間を使ってワイヤレスカメラ&モニター(CMS-7001/CMS-7110)のカメラへの電源供給をすることができます。◇対応機種:CMS-C70/CMS-C71◇ケーブル長:約0.5m◇質量:約10g

あすつく 代引不可 CMS-SC01GY/CMS-SC03GY セキュリティカメラ専用 ACアダプター ケーブル3m ブラック サンワサプライ CMS-SCAC

あすつく 代引不可 CMS-SC01GY/CMS-SC03GY セキュリティカメラ専用 ACアダプター ケーブル3m ブラック サンワサプライ CMS-SCAC
2,087 円
サンワサプライ製セキュリティカメラ「CMS-SC01GY」「CMS-SC03GY」専用のACアダプターです。ケーブル長約3mのロングケーブルタイプです。

再入荷なし:エルパ 防犯モニター用 LAN接続スタンド CMS-D71 / CMS-7110 CMS-M71専用

再入荷なし:エルパ 防犯モニター用 LAN接続スタンド CMS-D71 / CMS-7110 CMS-M71専用
7,315 円
◇CMS-7110防犯カメラセットのLAN接続スタンドです。【付属パーツ】◇LANケーブル

再入荷なし:エルパ 防犯カメラ用 交換アンテナ CMS-ANTENNA-NEW/CMS-7001、7110、C70、C71専用

再入荷なし:エルパ 防犯カメラ用 交換アンテナ CMS-ANTENNA-NEW/CMS-7001、7110、C70、C71専用
731 円
◇CMS-C70、CMS-C71専用補修パーツです。◇端子がオス(凸)の新仕様端子がオス(凸)の新仕様

【お取り寄せ】朝日電器 ワイヤレスカメラ用 隙間ケーブル 0.5m CMS-SC0.5 防犯カメラ 侵入対策 防犯

【お取り寄せ】朝日電器 ワイヤレスカメラ用 隙間ケーブル 0.5m CMS-SC0.5 防犯カメラ 侵入対策 防犯
1,013 円
【仕様】窓やドアの隙間を使ってワイヤレスカメラ&モニター(CMS−7001/CMS−7110)のカメラへの電源供給をすることができます。 ●ケーブル長:約0.5m●質量:約10g●対応機種:CMS−C70/CMS−C71

CMS-STN2BK サンワサプライ WEBカメラ用LEDライト付きスタンド(テレワーク) 色・明るさ無段階調節

CMS-STN2BK サンワサプライ WEBカメラ用LEDライト付きスタンド(テレワーク) 色・明るさ無段階調節
6,780 円
きれいに映る自撮り用LEDライト+スタンド<br>【仕様】<br>電源:5V DC USB<br>消費電力:10W<br><br>LED灯数:120 (60 for each white light)<br>調整:無段階調節 <br><br>色温度:2700〜5600K(±200K)<br>明るさ:最大500LM<br><br>カメラ取り付けネジ:1/4インチネジ<..

[CMSマグネティック]CMS Magnetics 15 ML or More Magnetic Ferrofluid for Science Pro

[CMSマグネティック]CMS Magnetics 15 ML or More Magnetic Ferrofluid for Science Pro
4,781 円
CMS Magnetics  8.4cm5.3cm3.3cm 10g

サンワサプライ 会議カメラ用天井取付金具 CMS-STN3BK

サンワサプライ 会議カメラ用天井取付金具 CMS-STN3BK
6,520 円
サンワサプライ 会議カメラ用天井取付金具 CMS-STN3BK<br>会議用カメラを天井取付出来る金具<br>サンワサプライ 会議カメラ用天井取付金具 CMS-STN3BK<br>【商品名】 サンワサプライ 会議カメラ用天井取付金具 CMS-STN3BK 【ジャンル・特徴】 会議用カメラを天井取付出来る..

1 2 3 4 .. 1023

CS Shop

1 2 3 4 .. 100

【店内全品P5倍・4/14 20時から】エルパ 防犯カメラ 屋外用 ワイヤレスカメラ4台+モニタ1台セット スマホ対応 CMS-7110 / 設置かんた..

【店内全品P5倍・4/14 20時から】エルパ 防犯カメラ 屋外用 ワイヤレスカメラ4台+モニタ1台セット スマホ対応 CMS-7110 / 設置かんた..
105,600 円 (税込)
評価 4.71
■ 特徴 ■監視カメラがあれば安心なのに……そう思ったことはありませんか?泥棒、空き巣、不審者のストーキング行為、また玄関やガレージ(車庫)での悪戯(いたずら)など、「録画できたら良いのに」と思うケースは多いようです。犯罪や迷惑行為の不安を解消すべく、防犯カメ..

【店内全品P5倍・4/14 20時から】エルパ 防犯カメラ 屋外用 ワイヤレスカメラ1台+モニタ1台セット スマホ対応 CMS-7110 / 設置かんた..

【店内全品P5倍・4/14 20時から】エルパ 防犯カメラ 屋外用 ワイヤレスカメラ1台+モニタ1台セット スマホ対応 CMS-7110 / 設置かんた..
42,680 円 (税込)
評価 3
■ 特徴 ■監視カメラがあれば安心なのに……そう思ったことはありませんか?泥棒、空き巣、不審者のストーキング行為、また玄関やガレージ(車庫)での悪戯(いたずら)など、「録画できたら良いのに」と思うケースは多いようです。犯罪や迷惑行為の不安を解消すべく、防犯カメ..

【店内全品P5倍・4/14 20時から】エルパ 増設用 ワイヤレス 防犯カメラ CMS-C71 / CMS-7001 CMS-7110 専用

【店内全品P5倍・4/14 20時から】エルパ 増設用 ワイヤレス 防犯カメラ CMS-C71 / CMS-7001 CMS-7110 専用
21,780 円 (税込)
評価 4
■ 特徴 ■◇屋外対応ホコリの侵入を防ぐ耐塵型◇雨にぬれても安心耐水型IP66◇夜間暗視 15m◇ワイヤレスで映像を送信2.4GHzデジタル◇1台の液晶モニターに対して4台まで登録可能■ 仕様 ■【カメラ】◇外形寸法(横幅X高さX奥行):約164X81X172(mm)◇質量:約650g◇動作温度範囲:-10℃ +..

ターボホース ミニ MINI R55 R56 クーパー ブラック 1.6D CMS

ターボホース ミニ MINI R55 R56 クーパー ブラック 1.6D CMS
11,370 円 (税込) 送料込
■■■ Description 商品内容  CMS製  ターボホース 特徴  耐熱温度:-60F度〜500F度  通常最大耐圧力:1,700kPa  材質:高品質シリコン  構造:3層構造  厚さ:4.5mm  カラー:ブラック  ブランドロゴ入り  ※商品によってはロゴのない画像もございますが   実際の..

【8個セット】コミック本ストッカーCMS-23ホワイト/クリアアイリスオーヤマ【送料無料】

【8個セット】コミック本ストッカーCMS-23ホワイト/クリアアイリスオーヤマ【送料無料】
5,350 円 (税込) 送料込
評価 4
★お得な8個セット★コミック本をスッキリきれいに収納・整理する ストッカーです。 サイズは、「アイリスメタルラックシリーズ」や 一般的なラックやサイドボードなどの奥行に 合わせています。 積み重ねて使用した時に中身が分かるように バックル部分にインデックスと、 中..

【店内全品P5倍・4/14 20時から】エルパ 防犯カメラ用 隙間ケーブル CMS-SCH0.5 / CMS-7001、7110、C70、C71専用

【店内全品P5倍・4/14 20時から】エルパ 防犯カメラ用 隙間ケーブル CMS-SCH0.5 / CMS-7001、7110、C70、C71専用
1,024 円 (税込)
評価 4
■ 特徴 ■◇窓やドアの隙間を使ってワイヤレスカメラ&モニター(CMS-7001/CMS-7110)のカメラへの電源供給をすることができます。■ 仕様 ■◇対応機種:CMS-C70/CMS-C71◇ケーブル長:約0.5m◇質量:約10g■ JAN 型番 ■◇4901087213900 CMS-SC0.5

【訳あり 新品】USB書画カメラ HDMI出力機能付き CMS-V58BK サンワサプライ ※箱にキズ、汚れあり

【訳あり 新品】USB書画カメラ HDMI出力機能付き CMS-V58BK サンワサプライ ※箱にキズ、汚れあり
38,280 円 (税込)
手元の資料をビデオ会議で相手に見せることができるカメラ。HDMI出力機能付き。※箱にキズ、汚れがありますが商品は新品です。<特長>●Zoomなどビデオ会議で手元を映すのに便利な書画カメラです。●HDMI出力機能に対応しており、パソコンなしでもテレビと直接接続できます。●..

ELPA ワイヤレスカメラ用隙間ケーブル 0.5m CMS-SC0.5 防犯カメラ 電源ケーブル エルパ メール便送料無料

ELPA ワイヤレスカメラ用隙間ケーブル 0.5m CMS-SC0.5 防犯カメラ 電源ケーブル エルパ メール便送料無料
1,580 円 (税込) 送料込
■窓やドアの隙間を使ってワイヤレスカメラ&モニター(CMS-7001/CMS-7110)のカメラへの電源供給をすることができます。 【ELPA ワイヤレスセキュリティカメラシリーズ】 ●10インチモニター+ワイヤレスカメラ CMS-H1001シリーズ ・CMS-H1001 防水型カメラ×1台+10インチモ..

【店内全品P5倍・4/14 20時から】エルパ 防犯カメラ用 延長ケーブル CMS-EC5 / CMS-7001、7110、C70、C71専用

【店内全品P5倍・4/14 20時から】エルパ 防犯カメラ用 延長ケーブル CMS-EC5 / CMS-7001、7110、C70、C71専用
1,306 円 (税込)
評価 5
■ 特徴 ■◇ワイヤレスカメラ&モニター(CMS-7001/CMS-7110)のカメラと電源までのケーブルの長さが足りない時に延長できます。■ 仕様 ■◇対応機種:CMS-C70/CMS-C71◇ケーブル長:約5m◇質量:約120g■ JAN 型番 ■◇4901087213894 CMS-EC5

5足セット 23/24cmSサイズ 口ゴムゆったりタイプ リブ柄発熱と除菌の靴下 男性 紳士 メンズ 5足セット 黒3足+チャコールグレー1足+イ..

5足セット 23/24cmSサイズ 口ゴムゆったりタイプ リブ柄発熱と除菌の靴下 男性 紳士 メンズ 5足セット 黒3足+チャコールグレー1足+イ..
3,363 円 (税込)
評価 3.75
Product Info商品名5足セット 23/24cmSサイズ 口ゴムゆったりタイプ リブ柄発熱と除菌の靴下 男性 紳士 メンズ 5足セット 黒3足+チャコールグレー1足+インディゴブルー1足 発熱してあたためる東洋紡の eks エクスと銀イオンで除菌の東洋紡の銀世界使用製造国日本素材綿・..

1 2 3 4 .. 100

楽天ウェブサービスセンター CS Shop

1 2 3 4 .. 500

Heart Core導入・構築ガイド

Heart Core導入・構築ガイド
3,080 円
本書は、CMS(コンテンツ管理システム)製品のHeartCoreについて、導入前の予備知識やWebサイト設計・構築の考え方なども含め、機能と基本的な使い方を紹介した解説手引きです。第1章 CMS導入前に知っておくべきこと(CMSとは;CMSはこれからのW..

経営と社会批判的経営研究

経営と社会批判的経営研究
220 円
マッツアルベッソン(著者)~ヒューウィルモット(著者)~CMS研究会(訳者)

CSR入門講座 第2巻

CSR入門講座 第2巻
1,430 円
第1章 CSRマネジメントシステム(CMS)とは何か(なぜCSRに取り組む意義があるのか;CSRマネジメントシステム(CMS)の根幹はPDCAサイクル ほか)第2章 CSRマネジメントシステム(CMS)をどうやって構築するか(構築がベースとする基本的な枠組..

CMSとして使うMovable Type 5ガイドブック

CMSとして使うMovable Type 5ガイドブック
3,080 円
A
Movable Typeは新バージョンの5となって、さらにCMS(コンテンツ管理システム)としての機能が充実した。本書は、CMSの新標準としてふさわしいMovable Type5を使った、ウェブ制作の方法をわかりやすく解説した。01 基本操作02 テンプレー..

現場で使えるセキュリティ事故対応

現場で使えるセキュリティ事故対応
2,750 円
A
第1章 事故対応の司令塔「CSIRT」とは(何よりまずはCSIRTを立ち上げる セキュリティ人材不足にも先手を;現場からの感謝がCSIRTの原動力 経営層の信頼は事故対応で勝ち取る)第2章 マルウエアから組織を守る対応術(巧妙なマルウエアから組織を守れ 防御..

グループ経営をはじめよう 改訂版

グループ経営をはじめよう 改訂版
2,530 円
A
持株会社のメリットは?「事業ごとの損益が把握できる」「迅速な意思決定ができる」。デメリットへの対応策も丁寧に解説。ストーリーで理解する「連結決算」「連結管理会計」「連結納税」「CMS」。第1部 なぜ、グループ経営なのか(持株会社の設立;M&Aでグループ拡..

グループ経営をはじめよう 第3版

グループ経営をはじめよう 第3版
2,530 円
「事業ごとの損益が把握できる」「迅速な意思決定ができる」持株会社化→M&A→子会社売却のストーリーで理解する、連結決算、連結管理会計、連結納税、CMS。持株会社のメリットとデメリットへの対応策を丁寧に解説。第1部 なぜ、グループ経営なのか(持株会社の設立;..

デジタル・パブリッシング・ガイド

デジタル・パブリッシング・ガイド
4,950 円
A
印刷を成功させるためには、印刷に関わるすべてのワークフローの理解が必要です。本書、アドビ公認「デジタル・パブリッシング・ガイド」には、高品位な出力を産み出すために、Adobe Systems社の熟練者たちの知識と英知が凝縮されています。専門的知識に裏打ち..

イチからはじめてマスターするCGイラストテクニック「イチからマスター」シリーズ

イチからはじめてマスターするCGイラストテクニック「イチからマスター」シリーズ
110 円
CMS制作委員会(著者)

Webサイト構築ワークフロー

Webサイト構築ワークフロー
2,948 円
A
Webがユーザーに受け入れられ一般化する中で、Webサイト構築そのものを見直さなければならないタイミングが来た。本書では、新時代に対応できるWebサイト構築の手法を「ワークフロー」というメソッドを柱におき解説する。さらに株式会社キノトロープが提供するメソ..

1 2 3 4 .. 500

CS Shop